レビトラ効果

レビトラ効果

レビトラの歴史

 

レビトラは、バイアグラに続いて世界で2番目に売り出されたED治療薬になります。

 

アスピリンの開発などで有名なドイツの製薬メーカーバイエルから厳しい臨床実験を経て売り出されました。

 

日本では、レビトラは2004年6月に5mgと10mgのレビトラの販売が始まり、2007年7月に20mgの販売が始まりました。

 

実際に日本の医療現場使用されているレビトラは、10mgと20mgであり、5mgと言うものは存在しません。

 

バイアグラの主成分がクエン酸シルデナフィルに対してレビトラは、塩酸バルデナフィルとなっています。

 

レビトラと言う名前の由来は、「男性の命」と言う意味の造語で、バイエルがレビトラのトレードマークに使用している炎のマークは、すぐに火がつくマッチをイメージしており、レビトラの効果の速さを象徴しています。

 

日本の医療現場では、レビトラは10mgは1500円、20mgが2000円で販売されています。

 

レビトラ効果

 

レビトラは、バイアグラの欠点を補正するかたちで販売されており、効果時間がバイアグラが5時間に対して、レビトラは8〜10時間と長くなっています。

 

また、レビトラの特徴として、効果の出る時間がとても速くなった事が上げられます。レビトラは服用後、早い人ですと5分ぐらいで効果が出る事もあり、平均的には15分程で効果を実感できます。

 

またレビトラは、バイアグラが食事に強く影響されて空腹時でないと効果が半減してしまうのに対して、食事の影響を受けにくい点も大きな特徴です。

 

レビトラは分子構造的にとても水に溶けやすい特徴があり、バイアグラなどにくらべますとすぐに体内に吸収される事がこの食事の影響を受けにく原因になっています。

 

ですが、レビトラが食事の影響を受けにくいと言っても、過度な脂分を含んだ食事を取りますと、体内に油の膜が張ってしまいますので、水溶性のレビトラは吸収が遅れてしまいます。レビトラ服用時には、あっさりとした油分の少ない食事を腹8分目ぐらいにしておきましょう。

 

このようにレビトラは、即効性と食事の影響を受けにくいED治療薬となっています。

 

レビトラの注意点

 

レビトラは性的刺激があって、はじめて勃起を促進する薬であって、決して性的興奮作用や性欲増進作用はございません。
レビトラも飲んでも、性欲絶倫になる事はなく、性的刺激が無い場合には、男性器には何の変化も起きません。

 

実際には、レビトラの体の中での作用は、血管拡張作用がありますので、血圧を下げる効果は性的刺激が無くてもおきます。
ですので、極端に血圧の低い低血圧の人がレビトラを服用しますと、更に血圧が下がりますので、体の細部まで血液が行き届かなくなり体が危険な状態になります。

 

レビトラ効果

 

また、薬で管理されていない高血圧の人の場合には、普段から血管に高い圧力で血が流れていますので、レビトラを服用することで更に血管を拡張する働きが加わり血管に掛かる圧力が強くなってしまいます。

 

このときすでに血管が高血圧により、動脈硬化などで柔軟性を失っていたりしますと、その部分がこの血圧に耐えられなくなり、出血してしまう危険があります。

 

脳で起きれば、脳卒中になり心臓で起きれば心不全になってしまいます。

 

レビトラは、海綿体に働いてその部分の血流を良くする効果がありますが、同時に同じ効果が体全体でもおきていますので、循環器系の病気に掛かっている人は注意が必用です。

 

しっかりと薬でコントロールされている高血圧の人は、レビトラの飲んでも全く問題ありません。

 

またレビトラには、併用禁忌薬がありまして、硝酸剤全般(ニトログリセリン含有剤)、抗ウイルス薬(HIV治療薬)、内服の抗真菌薬、抗不整脈薬などを使用している方はレビトラを使用できません。

 

レビトラの副作用

レビトラなどのED治療薬バイアグラ・シアリス同様に血管拡張作用がありますので、血管が拡張することによって症状が出やすい部位に副作用が起きます。

 

代表的な副作用としましては、顔の火照りがあります。顔の皮膚は、紅潮しやすい部位で何か恥ずかしい事など起きますとすぐに赤くなってきます。
レビトラを服用しますと、このような状態と同じ現象が起き顔が赤く火照ってきます。

 

顔の火照りに関しては、副作用と言うよりも体の自然現象と見るべきで、レビトラが効果が出ている証拠だと思ってください。
次に多く出てくる副作用に、鼻づまりがあります。鼻の中の血管が拡張しますと、どうしても狭い鼻の穴の中では血管により穴がふさがれて鼻づまりが起こってしまいます。

 

風邪を引いて鼻に炎症が起き鼻づまりがするのと全く同じ現象です。
ですがレビトラの場合には、病気で鼻づまりが起きているわけではありませんので、そんなに酷い鼻づまりになる事はなく、一時的なものでほとんどの場合がすぐに治ってしまいます。

 

レビトラ

体の中が暖かくなるなどの副作用もあります。
これはレビトラが毛細血管を拡張することにより、全身に血液が良く循環する事で体全体的に暖かさを感じる分けで、これも副作用と言うよりは、レビトラが効果を出している証拠と見るべき現象です。

 

レビトラを服用して、何となく体が暖かくなり顔が火照て、鼻づまりが出てきたら、レビトラが効いてきているのだと思ってください。

 

これらの3症状は、誰にでも起きやすい症状なので、個人差がありどれか一つが起きない人もいるでしょうか、レビトラの効果が出ている事を事前に自分で確認できる唯一の方法ですので、副作用とは思わず、レビトラが効いてきたと思うようにしましょう。

 

あまり出てほしくない副作用に頭痛があります。
頭痛は非常に個人差があり、全くでない人から、軽く出る人、酷く出る人に分かれます。

 

前者2つのケースでは、それほ問題は無いのですが、最後の酷く出る人の場合は問題です。頭痛の出方も使用中に出る人から使用後に頭痛がする人まで多種多様です。

 

あまり頭痛が酷い場合には、バイアグラ・シアリス・アバナフィルなどに変更をしてみましょう。クスリを変える事で改善する場合が多々あります。

 

明るいものが青みがかって見えると言う副作用もあります。
これもかなり個人差があり、全くそのような症状の出ない人から、電球などをちらっと見ると何となく青みがかって見える人に分かれます。
この副作用は、物が全て青く見える分けではなく、視神経の血管が拡張する事によって、明るいものを青みがかったまぶしいものとして脳が判断するために起こる現象で、何となく全体が明るく見えるイメージでそれ以上の事はまず起きませんので、心配は全くいりません。

 

レビトラ服用中に狭心症を起こした場合

 

6か月以内に狭心症を起こした経験のある方はレビトラを服用できませんが、レビトラを服用中に初めて狭心症を起こした場合非常にまずい問題が起きます。

 

狭心症の発作を起こした場合には、病院に運ばれますと一般的には、硝酸剤を使用します。
ですが、レビトラを服用中に硝酸剤を同時に使用しますと、ひどい低血圧になり命が危険な状態に陥ります。

 

これを防ぐには、医師に自分がレビトラを服用していることを伝える必要があります。自分に意識があれば直接医師伝える事が出来るのですが、多くの場合意識が無くなり自分では伝える音ができなくなります。

 

そんな場合には、パートナーが医師に伝える必要性が出てきます。
何となく自分がレビトラを使用している事をパートナーに隠してしまう人が多いとお見ますが、セックスはとても心臓に負担を掛ける行為ですので、その危険性が少しでもある方(高血圧の人・高齢の人)などは、恥ずかしがらずに素直にパートナーにレビトラを服用している事を伝えておきましょう。

 

万が一が起きた時には、その事が自分を救ってくれます。

 

レビトラの個人輸入

レビトラを医者に行って処方してもらいますと、10mgで1500円、20mgで2000円が必用になります。

 

私の経験では、一度レビトラなどのED治療薬を使用してセックスをしますと、やはり次回以降も薬を頼る事になります。
レビトラを使用せずにセックスをした場合にはやはり中折れなどになってしまい最後まで行くことができません。

 

40代ぐらいまでの方ですと、セックスはパートナーにとっても重要な事であり、週に1〜2回ぐらいは最低でもしないとお互いの愛情表現が保てません。

 

週に1回だとしますと、レビトラの20mgを使用している場合には、月に8000円掛かってしまいます。週2でしたらその倍16000円です。

 

結婚していれば、この出費だけで済みますが、まだ交際中の場合にはこれにホテル代が上乗せされてしまいます。

 

万単位の出費はやはり財布に響いてきます。

 

そこで何とかする方法が無いものかと考える方が多いはずです。

 

それを解決する方法があります。医薬品の個人輸入を言う方法です。

 

医薬品はある一定量まででしたら個人で輸入してもいいと言う法律が日本にはあります。

 

医薬品等の個人輸入について

 

この方法を使用しますと、海外から直接薬を買うことができます。通常ですと医者が取る儲け部分を省く事ができますので、ずいぶんと安くレビトラを購入する事が可能になります。

 

ですが、医薬品の個人輸入を実際に個人でやった事のある人なんてまずいません。お役所仕事は提出書類が多いですのでとても面倒で、海外からとなると英語も分かりませんと全く通用しません。

 

そんな心配を除いてくれる方法があります。医薬品の個人輸入を代行してくれる会社の存在です。

 

ネットにはそんな業者が沢山います。ですがここで注意が必用です。

 

医薬品の個人輸入の代行をしている会社の中には、偽物を薬を東南アジアなどで作らせて、あたかも本物と書いて平気で販売している会社が多数存在します。

最近でも、ネットでバイアグラなどの偽物を販売して、年間3億もの荒稼ぎをしていた大阪の業者が逮捕されました。

 

当サイトでは、管理人である私が実際に使用して安全である事を確かめた業者をご紹介していますので、必ずご紹介している業者からご購入をお願いいたします。

 

素人に人が見ただけでは、本物と偽物を区別するのは難しく、本物と同じ成分が入っていてもその添加剤が本物と違い、効果があるのだが、ひどい頭痛がするなどの副作用を起こす事も多々あります。

 

こちらでご紹介している業者は、インドの純正なレビトラを販売していますので、安全です。

レビトラのジェネリック

ジェネリックとは

 

ジェネリックは最近ではテレビでも宣伝するようになり、薬局などに処方箋を出すとジェネリックにしますかなどといわれますので、ご存じの方も多いと思いますが、一応復習のため説明をしておきます。

 

ジェネリック医薬品は、先発医薬品をどこかの製薬会社が作り政府に申請して特許を取った後20年して、その特許の期限が過ぎた時期から自由に同じ成分の薬を作る事が出来るものです。

 

医薬品の開発には莫大なお金と時間がかかりますので、そのようにしてできた医薬品を特許と言う形で守る事により、それまでに掛かったお金を製薬会社が回収することができるようにしました。

 

特許が効いている間は、他の製薬メーカーは同じ成分の薬を作って、販売することは法律で禁止されています。

 

特許が切れた後のジェネリック医薬品は、製造コストが少なくて済みますので、先発品よりも安く医薬品を販売をする事ができます。

 

レビトラジェネリック

 

レビトラはまだ特許が切れていませんが、ジェネリックが存在します。
ジェネリックの事を良く理解している人でしたら、偽物って事だと思うでしょうが、もちろん偽物を多く存在しますが、品質の確かなレビトラのジェネリックは販売されています。

 

どうしてレビトラのジェネリックが合法的に作られるのかと言いますと、それはインドの特許に関する他国と違う考え方が合法的なジェネリックの製造を可能にしています。

 

インドでは、薬の特許は製造方法にあり、成分に関しての特許は2004年まで存在しませんでした。作り方が違えば成分が同じ薬を作っていいのです。

 

2004年にインドでも成分に関する特許も他国に合わせて創立されましたが、現状は厳しい規制がありインドで成分特許を取る事は難しい状況のままです。

 

レビトラのジェネリックを使用しますと、医者でレビトラの20mgが1錠2000円のところを、レビトラジェネリックのジェビトラでしたら、20mg1錠を110円代で購入することが可能です。

 

2000円と110円代では、約20分の1にすることができます。これなら気軽にレビトラを使用できますよね(*^_^*)

 

クレグレモ、当サイトでご紹介している業者以外で購入するのは危険を伴いますので、お止め下さい。体に入れる物ですから安全第一で行きましょう。

レビトラの正しい使い方

レビトラは1日1回、24時間以上開けてく服用してください。

 

レビトラは性行為の約1時間ぐらい前に服用すると、最大の効果を得る事ができます。効果は15分ぐらいで出てきますが、血中濃度は1時間ぐらいした時が一番高くなり効果も最大になります。
出来れば空腹時に飲むことがいいのですが、食事をしなければいけない場合には、脂の強いものは避けてあっさりしたものを食べるようにしましょう。

 

心臓の病気で、硝酸剤を使用している方はレビトラは使えません。

 

心臓病の薬としてよく用いられるニトログリセリンなどの硝酸剤はレビトラと併用しますと急激に血圧が低下して、場合によっては命に係わる事があります。
硝酸剤には、舌下錠、塗り薬、貼り薬、吸入剤、スプレーなどいろんな種類がありますので、自分が使用している薬の中い硝酸剤が含まれているのかどうかを必ず医師に聞きましょう。

 

レビトラを服用できない人

 

レビトラにアレルギーを起こした事のある人。
医師から、性行為が不適当と診断されている人。
抗不整脈薬を使用している人。
6か月以内に、脳梗塞・心筋梗塞を起こした事のある人。
重い肝臓病の人。
重い腎臓病の人。
低血圧、又は高血圧で治療を受けていない人。
不安定狭心症のある人。
抗ウイルス薬、抗真菌薬を服用中の人。
網膜色素変性症の人。

 

レビトラを服用した後に気を付けること

 

顔が火照る、頭痛、消化不良、はきけ、鼻づまり、動悸、物が青っぽく見える、などの副作用が出る場合があります。
レビトラを服用後に、4時間以上勃起が続く場合には、勃起機能が壊れてしまう場合があり、二度と勃起しなくなってしまいますのでそのような場合にはすぐに医者に行って下さい。

 

レビトラには、性感染症を防ぐ効果はありません。
レビトラは性欲増進剤ではありません。
レビトラは自分で使用するだけで、決して他人に譲ったりしてはいけません。